専門書の買取は店舗によって大きく差はあるか

専門書の買取は店舗によって大きく差はあるか 一般の小説などと異なり、専門書は内容も然ることながら高価なものが多く、それだけの価値から買取にも期待が膨らみます。
しかしながら、実際には買取ひとつも買値にはかなりの差が見られます。
最も手軽なところでは大々的に宣伝しているチェーン店やオンラインショップ。
ですが、絶句するほどの金額にしかならないことが多く、そうしたルートで買取してもらって後悔したという声も少なくありません。
さらに、オンラインショップでは郵送した後に金額が知らされますが、納得できずに返却を希望する場合、郵送料は依頼主負担とロスが生じるリスクがあります。
出先の専門書を多く扱う古書店で参考までに聞いてみるのも一つです。
満足するほどではないにせよ、対面の方がわずかでも高値ですし、そうでなければ手放さなければいいだけのことでお金はかかりません。
ここでも取り扱うジャンルに差があるように買値も各店様々ですから、数軒あたってみれば相場がわかるかもしれません。
それでも希望価格以下では手放したくないなら、オークションサイトに掲載してみることもできます。
買い手がすぐに見つかる保証はありませんが、少なくとも手放してもよいと納得できる価格を自ら決められるメリットがあります。

大手チェーン店で専門書を買取ってもらう際の注意点

大手チェーン店で専門書を買取ってもらう際の注意点 大学の講義や資格試験、研究のために購入した高い専門書。
今は使うことがなくなり、困っている方もいるのではないでしょうか。
専門書は全国各地にある大手チェーン店でも買取をしてもらえます。
しかし、大手チェーン店の利用者は、通常一般書や小説・マンガ本等を目的に来店することが圧倒的に多くなります。
店舗側としては、専門書は売りづらい本といえるため高値がつきづらくなります。
また、専門的な知識を持ち合わせているスタッフが少ないため、買取を依頼ができても価値に見合った価格でない可能性が強くなります。
同じ大手チェーン店といっても得意とするジャンルや売れる本のジャンルが異なります。
よってそのジャンルに強い店舗で査定を依頼するのもポイントとなります。
また、査定の際は本の状態・発売からの経過月数が査定の基準となります。
特に専門書は新たな発見や法律の改正により内容が変わることがあり、古い知識のものは取り扱ってもらえない場合があるため、早めに売ることも得策です。
これから本の整理を検討している場合は、買取店選びやタイミングを間違わないようにしてください。

新着情報

◎2018/2/9

絶版になった専門書は残しておくべきか
の情報を更新しました。

◎2017/12/8

店舗によって差はあるか
の情報を更新しました。

◎2017/10/5

専門書の平均的な買取価格
の情報を更新しました。

「専門書 店舗」
に関連するツイート
Twitter